先物

先物では、先物の限月一覧から限月ごとの気配・詳細・歩み値・チャートなどの情報を閲覧することができ、注文にも遷移できます。

先物一覧

国内外の指数・先物や為替レートを表示することができます。

表示切替

ページ上部の項目ボタンをタップすると、すべて・225先物・225ミニでそれぞれ絞り込んだ状態で閲覧することができます。

編集

画面右上の編集ボタン(ペンアイコン)から、シリアル限月の表示/非表示、限月表示期間の設定、表示順のソートがおこなえます。

銘柄情報

気配・詳細・歩み値・チャートを切り替えて閲覧することができます。

表示切替

ページ上部の項目ボタンをタップすると、指定の画面に遷移します。また、画面をスワイプ(タッチしたまま左右にスライド)すると、気配⇔詳細⇔歩み値⇔チャートを切り替えて表示させることができます。

注文

表示している銘柄の注文画面に遷移することができます。
新規注文はもちろん、転売・買戻注文、訂正・取消注文を選択することも可能です。

気配

選択している限月の売り気配・買い気配が、それぞれ上下8本ずつ表示されます。(ログインが必要です)

詳細

選択している限月の前日終値や出来高、売買代金や四本値などを確認することができます。

歩み値

選択している限月が、いつ・どれだけ・いくらで取引されたかを、時系列で確認することができます。
右端にある帯上の数字をタップすると、記載の時刻の歩み値に直接遷移します。(ログインが必要です)

チャート

1分足・5分足・日足・週足の4画面チャートを表示できます。任意のチャートをタップすると、拡大された単一のチャートを閲覧でき、端末を横向きにすると横画面に拡大表示されます。
また、足種やテクニカル種別の切替もおこなえます。

テクニカルチャート

チャートの拡大画面では、ボリンジャーバンドや一目均衡表、MCACなど14種類のテクニカルチャートを表示することができ、ナイトセッション表示の有無を選択できます。また、各テクニカルチャートのパラメーター設定や、チャート上へのトレンドラインの描画なども可能です。

チャート(大):トレンド系(6種類)

相場の方向性を計ることに利用するトレンド系テクニカルでは、ボリンジャーバンドや一目均衡表、多重移動平均線、指数平滑移動平均線、VWAPの6種類のチャートを表示できます。

チャート(小):出来高とオシレーター系テクニカル(9種類)

主に、売られ過ぎや買われ過ぎなど、相場の勢い(強弱)を判断することに利用するオシレーター系テクニカルでは、ボリンジャーバンドやRSI、RCI、移動平均乖離率、MACD、ストキャスティクス、DMI、サイコロジカル、標準偏差、出来高の9種類のチャートを表示できます。

チャート操作

チャートをタップしたまま左右にスクロールすると、チャートを横スライドすることができます。また、ピンチイン・アウト(画面を指でつまむ)でチャートの拡大縮小が、右端の価格ラベル・下端の日付ラベルをスクロールすると、ラインカーソルを表示できます。

足種・テクニカル切り替え

画面上部の足種名・テクニカル名をタップすると、足種およびテクニカルの切替画面に遷移できます。
左のボタンが足種、真ん中のボタンが上チャート(トレンド系)、右のボタンが下チャート(オシレーター系)に対応しています。

パラメーター設定

切り替えたいテクニカル名を選択し、右上の完了ボタンをタップすると、切替が可能です。
また、テクニカルの足種ごとに、お好きなパラメーターを設定することができます。

トレンドライン

トレンドラインを最大50本まで描けるほか、編集モードでは一度描いたラインを修正することができます。

描画

画面右上のトレンドラインボタン(ペンアイコン)をタップ後、画面をなぞるようにスライドすることで、トレンドラインを描画できます。

編集

編集ボタンをタップし、トレンドライン両端の ○ をタップしたまま動かすと、傾きの修正がおこなえます。
また、トレンドラインの中央部をタップしたまま移動すると、トレンドラインの移動ができます。

削除

編集モード中、トレンドラインが選択された状態で削除ボタンをタップすることで、トレンドラインの削除をおこなえます。
編集後、閉じるボタンをタップすると、元の画面に戻ります。

各種テクニカルチャートおよびトレンドライン描画機能は、クォンツ・リサーチ株式会社のプログラムを採用しています。

iSPEED先物OPではテクニカルチャートの値を小数第二位まで表示しており、小数点第三位の値は四捨五入しております。

iSPEED for iPad

iSPEED 先物OP

  • App Sotre
  • Google play